eラーニング

eラーニング

eラーニングで学ぶIFRSベーシック

IFRSと日本基準の違いを、短時間で効率的にウェブ学習
貴社グループの経理担当者向けIFRS教育に最適です

これからIFRSの導入準備を始める企業の経理・財務部門で、日本の会計基準は一通り理解しているものの、IFRSはまだ十分に理解できていないという方や、グループ各社の経理担当者に対するIFRS教育をどのように展開すればいいかお悩みの方も多いのではないでしょうか。
EYアカデミーでは、貴社グループのIFRS教育にすぐにお役立ていただける、「図を見て」 「耳で聴く」、効果的なeラーニング教材を開発しました。

【ご紹介映像】
※ご紹介映像はPCのみ再生可能です。下の画像をクリックすると新しいウィンドウが開きます。
IFRS-eご紹介映像

EYアカデミーの「IFRS eラーニング」の特徴

IFRSの主要25テーマについて、その概要と、日本基準との違いを重点的に学習することができ、短時間で効率的にIFRSの全体像を把握することができます。

IFRS eラーニングの特徴

主要25テーマで、IFRSの重点ポイントを網羅的に学習

IFRSの全体像を理解するために必要な25テーマをピックアップ。どのテーマからでも任意に学習できます。

No. テーマ No. テーマ
1 IFRS総論 14 売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業
2 概念フレームワーク 15 金融商品(分類及び測定、認識の中止)
3 財務諸表の表示 16 金融商品(デリバティブ)
4 連結財務諸表 17 金融商品(ヘッジ会計)
5 関連会社及び共同支配企業に対する投資 18 法人所得税
6 共同契約 19 引当金・偶発負債及び偶発資産
7 企業結合 20 収益
8 外国為替レート変動の影響 21 工事契約
9 有形固定資産 22 棚卸資産
10 無形資産 23 従業員給付
11 リース 24 株式報酬
12 借入費用 25 国際財務報告基準の初度適用
13 資産の減損    

貴社の経理マニュアルや固有の実務ポイントを織り込んだカスタマイズも可能

EYアカデミーの標準コンテンツに、貴社の経理マニュアルや固有の実務ポイントを反映させた専用eラーニングコンテンツの開発・提供も可能です。さらに、教育効果を一層高めるために、スクール形式による実践的な企業内研修の企画・実施も支援します。
貴社のIFRS導入の段階に応じて、教育・研修においても、EYアカデミーが強力にサポートします。下記までお気軽にご相談ください。

IFRS教育の3ステップ

対象者

経理・財務部門等の実務担当者で、日本の会計基準の基本的な理解を前提に、IFRSの基礎を一通り学習したい方(簿記2級以上を想定)

ご利用料金

貴社のeラーニング環境や想定利用者数などに応じて、別途お見積りいたします。お気軽にご相談ください。

サンプル視聴

本eラーニングのサンプル視聴版をご用意しております。 是非ご視聴ください。

※ご利用の環境により視聴できない場合がございますが、サンプル視聴版に関するサポートは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

「eラーニングで学ぶIFRSベーシック」のご紹介パンフレットは以下からダウンロードいただけます。

お問い合わせはこちらから

IFRS eラーニングに関するお見積りやご質問は、下記フォームから、お気軽にお問合せください。

EYアカデミー事務局
新日本有限責任監査法人 FAAS事業部
〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号 日比谷国際ビル
Tel:03 3503 3292  Email:eyac@jp.ey.com